概要


ULTIMATE MODPACKの入手で入手したツール郡の使い方について、わかる範囲で説明します。

Resident Evil Outbreak Translation Projectで、このサイトを紹介してくださったようです。(ありがたいことです)

少なくとも2017年5月から2018年5月現在において、現状ULTIMATE MOD PACKの公開がされていません。
作者のStuntmanSnake氏は更新を停滞しています。
以前にStuntmanSnake氏より許可を頂いているので一部のツールをウチのサイトからダウンロードできるようにしています。


各種の説明と、それに伴うツールを使用すれば、自分だけのカスタマイズしたOUTBREAKが楽しめます。
チートとは異なり、オンラインプレイで他のプレイヤーに影響を与えることはたぶんありません。

キャラクターの声を変えたり、BGMを変えたり、キャラクターの見た目を変えたりすることが可能です。
また知識と技術があれば、コスチュームやNPCのデザインを自力で変更することも可能でしょう。(私にはできませんので解説はできませんが…)

説明もツールのメニューなども全て英語なので、解説しきれるとは思えませんが、根性でなんとかやってみます。


まずはデータの概要説明

ULTAMTE MOD PACKを展開するととても多くのファイルが作成されます。
関連するデータのフォルダは下記のようになっています。
データの使い方は、それぞれ関連説明に示します。

番号
関連データフォルダ名
(\MODIFICATIONS)
本サイトから
ダウンロード
概略説明
関連説明
@
QUICK
不可
日本語DISCを英語に翻訳するためのDeltaPacher用のデータの他、下記フォルダで簡単に差し替えができるものを一括でやってくれるみたい。ただし英語翻訳が同時にされてしまうため、お薦めできない。
個別にやることをお薦めする。
イメージにパッチを当てる
A
CUSTOM\AD-LIBS\ALTERNATE AD-LIBS
不可
FILE2で、FILE1の音声や未使用(隠された音声データ)を使用すために使われるデータ郡です。
このデータで、FILE2の音声を変更することが可能です。
FILE2の声を変える方法
B
CUSTOM\BGM
不可
FILE1とFILE2のBGMを変更することが可能なデータ郡です。アウトブレイクシリーズの未使用曲や、バイオハザード1,2,3のBGMに差し替えることも可能です。
違和感がなく違った感じのアウトブレイクが楽しめます。
BGMを変える方法
C
CUSTOM\IMAGES\ALTERNATE IMAGES
不可
オンライン時でゲームスタートをする際の登場人物とその背景画面を変更できます。
FILE1をFILE2のようにする方法とFILE2をFILE1のようにできます。
またその背景画面を未使用の隠された背景画面に差し替えることもできます。
ゲームスタート時の画像変更
D
CUSTOM\MODELS\ALTERNATE COSTUMES
不可
FILE2で使えるようになるコスチュームC,D,EをFILE1でも使えるようにすることができます。 FILE1でコスC,D,Eを使う方法
E
CUSTOM\MODELS\BONUS MODELS
不可
FILE1とFILE2で一部の隠されたNPCとオリジナル用に作成されたテクスチャーデータをDISCイメージに追加し、使えるようにするデータです。
(一部のNPCが使えなくなります)
BONUS NPCを使う方法
F
CUSTOM\SFX\BONUS SFX
不可
FILE1とFILE2で未使用となっている効果音および音声を差し替えることができます。
FILE1およびFILE2共通で、シナリオ終了時のTO BECONTINUE時の効果音と、YOUARE DIEDの効果音が変わります。
また、FILE1の発生のシナリオで最後トラックに乗って走り去る際の会話とBGMが変わります。
BONUS SFXによる音声の変更
G
CUSTOM\TRANSLATION
不可
日本語DISCを英語に翻訳するためのDeltaPacher用のデータ イメージにパッチを当てる
H
CUSTOM\WIDESCREEN
不可
FILE1,FILE2の画面を16:9に対応させるためのパッチファイルです。 WIDE SCREEN化する方法(改)

TOOLSフォルダの概要説明

これがまたやっかいなことに一切説明がないので、いったいなにをするためのツールなのかどうやって使うものなのかもよくわからないものもありました。

色々調べる羽目になりました。外人の作るものはさっぱりわかりません(;^_^A
使い方の説明がないし、調べても概略的なことしかわからなかったりするので本当に困りました。

番号
関連データフォルダ名
(\TOOLS)
本サイトから
ダウンロード
概略説明
関連説明
@
ADX Encoder Frontend このツールはOUTBREAKで使用されるBGMを自分の好きなBGMに変更したい時に使用します。
WAV形式の音声ファイルをPS2の音声ファイルにADX形式に変換するソフトです。
ループ開始位置とループ終了位置を指定することにより、ゲームのBGM用に無限ループする形式にできます。
自分の好きなBGMにする方法
A
AFSExplorer CD ImageのISOの中身を参照したり、一部をエキスボート(取り出し)したり、インポート(上書きしたり)するためのツールです。
音声データやBGMの再生も可能。

ULTIMATE MOD PACKやSTARS系のMODPACKを適用する際など様々な用途で使います。
キャラクターの入れ替え方法

音声やBGMを聴く方法

イメージデータを参照する方法
B
CDmage AFSExplorerでは書き換えできないファイルをこっちを使って書き換えます。
ULTIMATE MOD PACKのBOUNS NPCの名前の書き換えを使用する際に使用する指定があるのですが、これを使用して説明通りにやってしまうと一部のメッセージが英語になってしまいます。

NPCおよびメインキャラクターの名前を変更したい場合は、左記を参照してください。
名前を変更する方法
C
Delta Patcher
不可
英語版を作りたい時に使うツールです。
DNASエラーを回避するパッチも含まれています。
英語版が不要な場合は使う必要はありません。

現状このツールは使用できません
イメージにパッチを当てる
D
DNAS Patcher ULTIMATE MOD PACKによるカスタマイズをした際で、オンラインプレイをする場合、DNASエラーを回避するための必須パッチです。
E
NBD Tools
可能
CD ImageのISOの中のパッキングされた3Dモデルデータ(NBDファイル)をアンパック(展開)したり、バック(結合)したりするためのツール類。
使うには、SCRIPT言語のPythonのVer2が必要となる。
テクスチャデータの改編を自力で行いたい時に使用することになる。

詳しい内容は右記を参照してください。
テクスチャデータの変更方法

または

背景テクスチャの変更

を参照
F
Noesis CDのISOイメーシファイルの内容を参照し、様々なフォーマットのデータを見ることができるみたいなのですが…
いまいち用途がはっきりとしません。
TIM2形式のイメージデータ参照したり取り出したりするのに便利なのですが…。
イメージデータを参照する方法
G
PES Media Converter
不可
何に使ったらいいのかよくわからないツール。
どうもMOVIEファイルを変換するぽいものなんだけど…何に使えとも、どう使えとも一切説明がないので使用方法と用途がわからない。

※PES MediaConverterは、一部のウィルス検出ソフトでヒットしました。安全のためこれは使用しないほうが良いです。

H
PS2 Patch Engine
不可
プログラムにパッチを当てて改造するためのツール。
OUTBREAKのWIDESCREEN化する際に使用します。

※PS2 PatchEngineは、一部のウィルス検出ソフトでヒットしました。安全のためこれは使用しないほうが良いです。
PS2 Patch Engineを使わない安全な方法を公開しています。
WIDE SCREEN化する方法(改)
I
PS2 Save Builder
不可
PS2のセーブデータをなんかするものなんだけど、これも一切説明がないです。
使う必要もないと思います。
アウトブレイクの隠されたNPCを開放するセーブデータは用意してあります。
アウトブレイクのセーブデータ
J
PSound CDまたはDVDのPlayStation2の音声や効果音,BGMなどすべて取り出し再生したりWAV形式に変換したりすることができるツールです。
例えば別ゲームから好きなBGMを取り出し、それをOUTBREAKに入れたりすることも可能でしょう。
音声やBGMを聴く方法
K
TexMod
不可
これもよくわからないツールです。
PC用のゲームでテクスチャが使用されているものの情報を取り出すために使用されるものなのですが、どうやって使うものなのかまではさっぱりわかりません。
恐らくPCSX上でOUTBREAKを起動して、テクスチャデータを調べる時に使用するようですが…なんともわかりません。

L
TextTool
不可
なんかテキストデータをなんかするものなのでしょうが一切説明がなく、起動方法もさっぱりわかりません。
日本語を英語にする際なにかに使用したのだと思います。
日本語版には不要なものと推測します。