×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


アウトブレイクのDVDの吸出し



PS2エミュレーターでアウトブレイクのゲームをする場合、アウトブレイクのDVDをPCのハードディスク上にDISCイメージで吸出し、保存する必要があります。
ゲームDISCを持っていない場合は、中古ショップかヤフーオークションなどで購入してください。
おおよそですが、アウトブレイクのFile1,FILE2は、500円〜1000円程度で購入できると思います。
PS2エミュレーターで、自分で購入したゲームを遊ぶこと自体は違法性はないとのことですが、PS2エミュレータ上でアウトブレイクのオンラインをするためには、吸出したイメージファイルにパッチをを当てる必要があります。(オフラインで遊ぶにはその必要はありません)

これは、ゲーム自体に改造を入れる行為ですので、違法性があるかもしれません。
PS2エミュを使う場合は、英語版も楽しめます。
通常は日本語版を使うといいですが、たまには英語版を使ってみるのもいいでしょう。
やる場合は、自己責任で行ってください。

1.
手順と概要

フリーソフトでDVDファイルをハードディスク上にイメージファイルとして吸出しをするソフトウェアを入手する必要があります。
アウトブレイクのDISCは、File1とFile2共にDVDです。(CDではありません)
従って、DVDが読み込めるPC環境が必要です。

吸い出して出来るファイルは、デフォルトは以下の2つのファイルです。

DISCIMAGE.ISO
DISCIMAGE.MDS


この二つのファイルをオリジナルファイルとして残すと良いです。
また、FILE1かFILE2なのかがわかるようにリネームすると良いです。
例えば、以下のようにリネームすると良いでしょう。

DISCIMAGE.ISO → OBFILE1_ORG.ISO
DISCIMAGE.MDS → OBFILE1_ORG.MDS


吸い出したファイルをオリジナルとして残し、そのオリジナルファイルを2つにコピーして英語版と日本語版用にリネームすると良いです。(表2のようにオリジナルと英語版と日本語版の3つのファイルを用意します)
コピーしたファイルにパッチを当てる必要があります。バッチは2種類あります。

表1

概要
バッチ名
バッチの機能
入手先
日本語用のパッチ
DNAS Patcher
DNASチェックをスキップさせる機能のみのパッチです。
英語には翻訳されません。
OUTBREAK FILE 1 & 2 ULTIMATEMODPACK含まれます。
英語版用のパッチ
Delta Patcher
このバッチは日本のDISCを英語メッセージに置き換えるのと同時にDNASのスキップも含まれます。

表2
ファイル名例
オリジナル版
BACK UPとして残します
ONLINEはできません
日本語版
ONLINEができます
英語版
ONLINEができます
お好みで使いましょう
FILE1
 OBFILE1_ORG.ISO 
 OBFILE1_ORG.MDS
 OBFILE1_JAP.ISO 
 OBFILE1_JAP.MDS
 OBFILE1_ENG.ISO 
 OBFILE1_ENG.MDS
FILE2
 OBFILE2_ORG.ISO
 OBFILE2_ORG.MDS
 OBFILE2_JAP.ISO
 OBFILE2_JAP.MDS
 OBFILE2_ENG.ISO
 OBFILE2_ENG.MDS


2.
DISCの吸出しソフトの入手

フリーソフトなどでDVDをPC上にDISCイメージに吸い出すソフトが必要です。
お勧めは、DVD Decrypterというフリーソフトですが、これは開発終了となっており、すでに開発元のサイトはなくなっていますがダウンロードは可能です。
また日本語化できるパッチ公開されています。
使い方は簡単ですので、これを使用することをお勧めします。
DVD Decrypterをここからダウンロードします。

以下にダウンロード手順とインストールと日本語化を説明します。
Download Nowをクリックすると自動的に
ダウンロード開始されます
開始されない場合は、click here
ダウンロードしてください
ダウンロードしたSetupDVDDecrypter_3.5.4.0.exeを実行してインストールします。
「Run DVD Decrypter」のCheck boxを
外したほうがいいです。
DVD Decrypterが起動してしまいます。

DVD Decrypterを日本語化するバッチプログラムを日本語化工房さんの

DVD Decrypterからddec3540_jp.zipファイルをダウンロードします。
(ZIPファイルを解凍するソフトウェアが必要です)

解凍してできたddec3540_jp.exeを実行します。

DVD Decrypterをインストールしたフォルダを
指定します。

このメッセージが出るようだったら
「はい」でいいです。

「閉じる」で終了させます。

 
3.
アウトブレイクFILE1とFILE2のDISCの吸い出し

インストールしたDVD Decrypterを起動します。
起動時にCDのDISCが入っている場合など次のような警告メッセージがでます。
とりあえず、CDやDVDのDISCは取り出しておくといいです。


DVDのDISCをセットしていない時の起動画面


モードをISOの読み込みモードにします。


FILE1またはFILE2のDISCをセットします。
DISCを認識すると次のような画面になります。


出力先のドライブとフォルダとファイル名を指定することができます。
デフォルトがDISCIMAGE.ISOなので、FILE1とFILE2の区別がつくようにと、あとパッチを当てる前のオリジナルのDISCイメージであることがわかるように

FILE1をOBFILE1_ORG.ISO
FILE2をOBFILE2_ORG.ISO

といった感じで名前を変えておきましょう。

DVDからHDDにDISC吸出しを開始します。


吸出しに環境にもよりますが10分〜15分くらいはかかると思います。


下記のようにメッセージがでたら完了です。


DISCを取り出して終了します。

FILE1とFILE2を吸い出しましょう。
また、オリジナルを日本語版と英語版にコピーをして区別できるように名前を変えておきましょう。
吸い出させれるイメージファイル一つ4.37GByteあります。
ファイル名例
オリジナル版
日本語版
英語版
FILE1
 OBFILE1_ORG.ISO 
 OBFILE1_ORG.MDS
 OBFILE1_JAP.ISO 
 OBFILE1_JAP.MDS
 OBFILE1_ENG.ISO 
 OBFILE1_ENG.MDS
FILE2
 OBFILE2_ORG.ISO
 OBFILE2_ORG.MDS
 OBFILE2_JAP.ISO
 OBFILE2_JAP.MDS
 OBFILE2_ENG.ISO
 OBFILE2_ENG.MDS


次は吸い出したイメージファイルにパッチを当てます。