×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


アウトブレイクのセーブデータ



バイオハザードアウトブレイク FILE1とFILE2には、特定条件でゲームをクリアした時にボーナスとして、少しづつ開放されていくCOLLECTIONがあります。
このCOLLECTIONは。ゲーム中でリザルトポイントを増やしていくことにより購入できて、例えばギャラリーや音楽、ゲーム中で新しく使えるようになるコスチュームやNPCなどがあります。
そして、PS2エミュレータユーザの中では、本来出すことができない隠されたNPCを使っている人が多くいます。


これは、恐らくFILE3が発売された時に開放される予定であったものなのでしょうが、FILE3が出ることがなかったために日の目に当たることがなかったものです。
しかし、エミュレータユーザの中でこの隠されたNPCデータを開放したセーブデータが出回っております。
ただし、オフィシャルなものではないです。
このセーブデータを入手すれば、はじめからすべてのCOLLECTIONが開放されるため、オフラインでもINFINTYやNIGHTMAREやAIPCの人数指定や対峙1,2,3と殲滅1,2,3 および隠されたNPCも含めてすべて使えます。
いわゆるチートという事になってしまいますが、ほとんどのエミュレータユーザが使用していることもありますので、せっかくですから使いましょう。

FILE1
すべてのCOLLECTIONは開放されていますが
COSUTUME以外は購入はされていません。
自力でRESULTを貯めて購入する必要があります。
FILE2


すべてのCOLLECTIONは購入済みとなっています。


入手と設定方法

あらかじめすべての要素が開放されているセーブデータは、OBSRV上のフォーラムで入手できますが、英語なので探すのに苦労します。
場所などの説明も面倒ですので、このページでダウンロードできるようにしました。
FILE1とFILE2のセーブデータを一つにしたものです。
ただし、これにはオンラインの設定ファイルは含まれていません。
オンライン設定は、自分で行う必要があります。
(私のオンライン設定ファイルを渡すわけにはいかないためです。)


SOLT1_OUTBREAK.zip (301Kbyte)

ダウンロード後、展開して解凍できたファイルのSLOT1_OUTBREAK.ps2 をPCSX2がアクセスする仮想のメモリカードのフォルダーに置き、それをメモリカードのポート1に差し込む指定をします。

    @.PCSX2の設定メニューからメモリカードマネージャーを開く





上記イメージは、PS2のメモリのポート1にMcd001.ps2, ポート2にMcd002.ps2 という
仮想のメモリが差し込まれている状態です。
このメモリ(ファイル)は、フォーマットされていない空のメモリです。

A.メモリカードマネージャーからエクスプローラで開くボタンを押し、開いた
フォルダーに展開したSLOT1_OUTBREAK.ps2ファイルをコピーして置く。





B.リスト更新ボタンを押して追加したSLOT1_OUTBREAK.ps2(メモリカード)を認識させます。


薄い灰色で表示されるのでわかりにくいかもしれませんが、SLOT1_OUTBREAK.ps2がメモリカードバンクに増えます。


C.追加したSLOT1_OUTBREAK.ps2(メモリカード)をSLOT1に差し替える設定をします。


SLOT1_OUTBREAK.ps2を選択し「差し込む」ボタンを押す。


SLOT1_OUTBREAK.ps2を差し込むポートを指定してください
と表示されるので、ポート1を指定してOKボタンを押す。


ポート1に差し込まれていたMcd001.ps2が抜かれて、SLOT1_OUTBREAK.ps2が差し込まれた状態となる。


OKボタンで終了です。


ここまでて出来ればオフライン(シングル)でプレイが可能です。

とりあえず

オフラインで動作確認をしてみましょう。