×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ネットワークプレイをする



正規PS2とPS2エミュレータの共通説明です。
実際にアウトブレイクシリーズのネットワークプレイの始め方を説明します。

正規PS2の場合は、PS2でのネットワークの設定でネットワーク設定ができていることを前提とします。
PS2エミュレータの場合は、難関のネットワークの設定でネットワーク設定ができていることを前提とします。
ネットワーク設定は、FILE1とFILE2は共通です。
FILE1で設定してもFILE2で設定しても同じです。どちらかでログインに成功できればOKです。

FILE1
FILE2

ネットワークプレイの流れを説明します。
途中でエラーが発生する場合は、ネットワーク系のエラーの対処についてを参照してください。


次へ進みます
はい を選びます
何かのボタンを押します
はじめての接続の場合や前回接続に失敗した場合は、ネットワーク接続を選びます。
前回接続に成功していた場合は、前回と同じ接続を選ぶといいです。
ネットワーク接続
ちょっと待って次の画面が出たら
進むです
ネットワークの設定で
作成されたネットワーク設定選びます
前回接続に成功していた場合は、前回と同じ接続を選ぶといいです。
初期化中です。
DNASのチェックがされます。
ログイン画面がでます。
はじめてログインする時は、OBSRVに登録するでOBSRV登録したIDとパスワードを入力しLOGINでログインします
一度入力し、かつ、OBSRVを活用するで説明したようにOBSRVにログインすると、OBSRVに連動するため
次回から Auto ligin through chat: のところにログイン名が表示されます。
次回からは、IDとパスワードの入力は不要となります。
LOGINボタンでログインします。
Enter lobbies
で次に進みます。
ID選択でHN名を最大3つまで
登録できます。
または、
すでに登録済みのHN名を選んで
ログインします
好きなHN名を登録してください
HN名の選択または登録すると
次の画面に進みます
エリア選択に進みます
FILE1の場合のエリア選択
FILE2の場合のエリア選択


FILE1について

FILE1は、二つのサーバーがあります。
EAST TOWN(シナリオモードサーバー)とWEST TOWN(フリーモードサーバー)です。

EAST TOWN(シナリオモード)
特徴

自分の好きな8人のキャラクター(NPC以外)でインして、(部屋に入り)、偶然出会った他のキャラクターのプレイヤー(最大4人)で、シナリオをクリアするモードです。
事前にチャットができないので作戦などの打ち合わせもできません。
偶然に一致したシナリオで、偶然に出会ったプレイヤー同士で協力してクリアしていくというコンセプトのモードです。
2003年12月FILE1発売当時盛況だったモードですが、現在は残念ながらほとんど機能してません。
このモードは、2004年3月に発売された初代モンスターハンターの流行とともに衰退していきました。
現在OBSRVにインしても、よっぽどのことかない限りは4人そろうことはないです。
正規サーバ時は確か4人そろわなくても時間経過でスタートしたと思いましたが、OBSRVでは4人そろわないとスタートしないようです。
インしても4人そろうまではずっと待ち続けないといけないので時間の無駄です。
WEST TOWN(フリーモード)
特徴

自分の好きなシナリオと難易度を選んで部屋を作成することができるモードです。
また誰かが作った部屋に入ります。

8人のキャラクター以外にもNPCの選択ができます。

FILE1はFILE2に比べてプレイヤーが少ないので、事前にOBSRVのチャットなどで声をかけないと残念ながら人が集まらないのが実情です。

仲良くなったプレイヤーやOBSRVのチャットルームで「FILE1を一緒にやりませんか?」などと声をかけてみましょう。



FILE2について

FILE2のサーバーは、FILE1とは異なり、シナリオモードというのがありません。
FILE2はすべてフリーモードと思ってくれてよいです。
(正規サーバー時は、QS(クイックスタート)というモードがあり、これがFILE1のシナリオモードの代わりでしたか、残念ながらOBSRVではこの機能が実現されていません)

FILE2は、FILE1に比べると常にプレイヤーが多いです。
これは、FILE1か面白くないというわけではなく、ゲームのシステムとしての完成度がFILE2のほうが高いし、人気のあるエキストラシナリオの対峙やナイトメアモードがあるためかもしれません。
一般的には、シナリオの完成度の高さはFILE1が良いと言われ、システムの完成度はFILE2が高いと言われています。

なお、プレイヤー全体の8割り位が外人さんで、2割りくらいが日本人かもしれません。
時差の関係もあるのでプレイヤーは日本時間の昼間のほうが、全体として参加者は多いです。
日本時間の夕方や夜ですと、外国にとって朝方や昼間だったりするので逆に参加者は少ないてす。

OBSRVにログインしてStatusを見るとFILE1とFILE2に現在どのくらいのプレイヤーがいるかわかります。



ネットワーク系のエラーの対処について

エラー画面
正規PlayStation2の場合
PS2エミュレータの場合
PlayStation2にブロードバンドをするための機器が接続されていないか、LAN端子のないPS2を使用している可能性があります。

お使いのPS2にはLAN接続ができますか?

正規PS2を使用する場合を確認してみてください。
必須プラグインの入手と設定が正しくできていない可能性があります。

WinPcapをアンインストールしてしまったことはないですか?
接続機器の初期化中にでた場合、恐らくPS2のLANケーブルが抜けています。
LANケーブルが外れてないか確認してみてください。
恐らくこのエラーはでないと思う。
あるとしたらば、下記のエラーである。
PS2のネットワーク接続で、IPアドレスを手動で設定する必要があるかもしれません。
接続するプロバイダの指定に従って、IPアドレスを手動で入力する指定方法を試してみてください。

PS2でのネットワークの設定を参照。
DHCPの設定でIPアドレスを手動設定をする必要があるか、または、なんらかの理由でネットワークそのものが切断されている可能性があります。
(LAN切断・非接続など)
まずはPCでブラウザなどでネット接続ができるか確認してみてください。
できない場合は、ネットワークが切断されてしまっている可能性があります。(PCのLANが外れてないですか?)
ブラウザでネット接続ができる場合は、アウトブレイクのネットワーク接続の設定が正しくない可能性があります。
難関のネットワークの設定を確認してください。
DNASの認証チェックでエラーが発生しました。
考えられる理由は、PS2で使用しているアウトブレイクのDISCか不正にコピーされた正規品ではない可能性です。
そのDISCは正規品ですか?

またはDNASのチェックする仕組みでなんらかのトラブルがあった可能性があります。
DNAS認証サーバーが落ちている。
またはネットワーク設定に不備がある。など
PS2でのネットワークの設定を参照。
接続テストも試みてください。
PS2エミュレータの場合で、DISCをISOイメージファイルにした場合、DNASの認証でチェックでエラーとなります。
この問題を解決するためには、DNASチェックをスキップさせるパッチ修正が必要です。
イメージにパッチを当てるを参照して対処してください。
DNASの認証チェック中になんらかのネットワークエラーが発生しました。
プロキシー設定を必要とした場合、設定に間違えはありませんか?
DHCPサーバー名の指定が間違っていませんか?(必要ないのに指定してませんか?)

DNSの指定が「自動設定する」になっていませんか?
DNSの指定のアドレスがOBSRVの指定とあっていますか?

PS2でのネットワークの設定を参照して修正してください。
接続テストも試みてください。
左記参照

難関のネットワークの設定を参照
ネットワークの設定で、PPPoE接続の指定が間違っている可能性があります。
PPPoE接続でユーザ名とパスワードは正しいですか?

PS2でのネットワークの設定を参照して修正してください。
接続テストも試みてください。
左記参照

難関のネットワークの設定を参照
他のPlayStation2でネットワークプレイをして作成されたネットワーク設定ファイルを別のPlayStation2で使おうとするとこのようなエラーになります。
ネットワーク設定ファイルを消して、もう一度ネットワーク設定をし直す必要があります。

PS2でのネットワークの設定を参照して修正してください。
BIOSファイルを複数持っていませんか?
どうして複数のBIOSファイルを持っているのかまでは追求する気はありませんが、別のBIOSファイルでネットワーク設定をして、その後、違うBIOSファイルに切り替えて、NETWORKプレイを使用とするとこうなります。

元のBIOSファイルに戻すか、一度ネットワークファイルを削除して(PS2のメモリブラウザメニューからファイルを削除して)、再度ネットワークの設定をしてみてください。
その他左記画面まで進めない場合は通信障害やOBSRVサーバの障害などにより接続できない状態もあります。(サーバーの障害やメンテナンス中など)

時間をおいて再度試してみるか、OBSRVにログインできるか確認してみてくたさい。