×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


エミュレーションの設定



設定(C)→エミュレーションの設定メニューを開くと、


の設定ができます。
理解できている項目に対しては、記述していますが、よくわからないことが多いし、解説もできない項目も多いです。
私自身の環境では、基本デフォルトの設定ままで問題なく動いています。

EE/IOP

デフォルトの設定のままのほうが安全です。下手に設定を変更しないほうがいいです。
デフォルトの設定がわからなくなった場合は、プリセットのチェックボックスを外して、デフォルトに戻す ボタンを押すといいです。


VU

デフォルトの設定のままのほうが安全です。下手に設定を変更しないほうがいいです。
デフォルトの設定がわからなくなった場合は、プリセットのチェックボックスを外して、デフォルトに戻す ボタンを押すといいです。


GS

デフォルトの設定のままのほうが安全です。下手に設定を変更しないほうがいいです。
次の設定に対して要注意です。


項目
概略
フレームリミッター無効化
チェックボックスをONすると、現在のビデオ(GS)の設定に対して、最速の動作をしてしまいます。これは、ベンチマークのテストをする際に使用するそうです。
ゲーム中にショートカットキーのF4(デフォルト)を押すことによってもこれが有効となってしまいます。
つまり問答無用でいきなり早い動きになってしまいます。
基本的にこんな操作は、不要です。
アウトブレイクでは、キーボートでチャットができ、チャットでF4キーに機能が割り当てられているので、うっかり押してしまうとこのフレームリミッター無効化が働いてしまいます。
オンライン時にこの操作をしてしまうと、一人だけ猛烈に早く動くことになってしまい、他の人との同期がとれなくなります。
回線落ちや幽霊現象の原因にもなりますので、オンライン時には絶対に使用してはいけません。
これを回避する対策が必要です。
詳細は、チャットでキーボートを使う方法を参照。
スローモーション調整
ゲーム中にショートカットキーのSHIFT+TAB(デフォルト)で、スローモーション動作をした際に、基本フレームレート調整値(デフォルト100%)に対して、どのくらいのスローモーションで動かすかを決める値です。
つまり、SHIFT+TABを押してしまうと、動きがスローになってしまいます。
オンライン時にこの操作をしてしまうと、一人だけスローな動きになってしまい、他の人との同期がとれなくなります。
回線落ちや幽霊現象の原因にもなりますので、オンライン時には絶対に使用してはいけません。
これもチャット中でうっかく押してしまわないように、回避対策するといいでしょう。
詳細は、チャットでキーボートを使う方法を参照。
また、デフォルト50%の値を100%の設定に変更すれば、通常フレームと同じになるので、スロー動作にはならなくなります。
ターボ調整
ゲーム中にショートカットキーのTAB(デフォルト)で、ターボモードにした際に、基本フレームレート調整値(デフォルト100%)に対して、どのくらいの速さで動かすを決める値です。
つまり、TABを押してしまうと、動きが速くなってしまいます。
オンライン時にこの操作をしてしまうと、一人だけ速い動きになってしまい、他の人との同期がとれなくなります。
回線落ちや幽霊現象の原因にもなりますので、オンライン時には絶対に使用してはいけません。
これもチャット中でうっかく押してしまわないように、回避対策するといいでしょう。
詳細は、チャットでキーボートを使う方法を参照。
また、デフォルト200%の値を100%の設定に変更すれば、通常フレームと同じになるので、ターボ動作にはならなくなります。

GSウィンドウ

ここは好みで変更しても良いです。


項目
概略
アスペクト比率

エミュレート画面の比率を変更できます。
ゲーム中にショートカットキーのF6(デフォルト)で、この比率を変更できます。
ただし、F6はチャットのキーと緩衝してしまうので、チャットでキーボートを使う方法で対策すると良いです。
ウィンドウサイス指定
エミュレート画面をリサイズで自分の好みの大きさにするとその値が反映されます。
任意の値を入力することも可能です。
ズーム率
画面を中心からズームすることが可能です。
100%のままが良いです。
ウィンドウのリサイズを
無効にする
エミュレート画面をマウスによる大きさ変更を禁止にします。
マウスポインター
を表示しない
エミュレート画面にマウスを移動させた時に、マウスポインターを表示しません。
中断時にウィンドウ
を表示しない
ショートカットキーのESC(デフォルト)を押した際、エミュレートが中断(一時停止)します。この際、エミュレート画面を閉じる(隠す)か、そのままとするかを指定します。
ESCキーはチャットのキーと緩衝してしまうので、チャットでキーボートを使う方法で対策すると良いです。
実行時に
フルスクリーンにする
システム(S)→CDVD起動をした際に、エミュレート画面をフルスクリーンにするかを指定します。
ダブルクリックで
フルスクリーンに切り替える
エミュレート画面上で、ダブルクリックした際にフルスクリーンにするかを指定します。

スピードハック

デフォルトの設定のままのほうが安全です。下手に設定を変更しないほうがいいです。
デフォルトの設定がわからなくなった場合は、プリセットのチェックボックスを外して、デフォルトに戻す ボタンを押すといいです。

プリセットのチェックボックスは、この設定をあらかじめ予約された組み合わせの形にセットすることができます。
ただし、どの組み合わせがアウトブレイクとお使いのPCの環境に適しているかは、なんともわかりません。
なんらかの問題があった場合などに対処として設定を変えてみるといいかもしれません。




ゲームフィックス

デフォルトの設定のままのほうが安全です。下手に設定を変更しないほうがいいです。
デフォルトの設定がわからなくなった場合は、プリセットのチェックボックスを外して、デフォルトに戻す ボタンを押すといいです。

この設定は、PS2のゲームで過去に問題があったタイトルで、個別に対応が必要となったものを対象としているようです。
アウトブレイクには直接関係ないので、全てのチェックボックスが外れている状態(デフォルトのまま)で良いと思われます。