×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


OBSRVを活用する



OBSRVとは、Outbreak Sever Resurection  -- sever by fans for fans -- であり、復活のアウトブレイクサーバー(ファンによるファンのためのサーバー)です。
OBSRVにログインすると、今どのくらい人が参加しているか、だれがどんなプレイをしているか、仲良くなったプレイヤーがログインしているか等がわかります。
また、不特定多数のユーザーとチャットしたり、仲良くなったユーザーとプライベートでチャットしたり、メッセージの送受信ができます。
(日本人用のチャットルームもあります)
OBSRVは海外で運営されているため、すべて英語メッセージですが、WIKIで攻略情報も掲載されています。

@OBSRVにアクセスし、ログインします。

アドレス http://obsrv.org にアクセスすると下記のような画面になります。


OBSRVに登録するで登録したUsername と Password を入力して Loginをクリックすると次のような画面になります。



ASERVERを見てみよう


上部のリンクにServer があります。これを見ると、どんな人達がどんなプレイをしているかかわかります。
ただし、ここに表示されているのは、OBSRVにログインした名前です。(ゲーム上で使用されているハンドル名とは違います。)
ゲーム開始時や終了時に一緒にやった人のハンドル名はわかりますが、ログイン名はわかりません。
一緒にやっている人のログイン名をこの表示で特定すれば、以降この画面などをみれば、その人が今なにをしているかがわかります。


Bチャットを利用しましょう

上部のリンクにChat があります。メインのチャットは外国人がほとんどで、主流のメッセージは英語です。
日本人向けの日本語チャットルームも用意されています。


指定した相手を招待することによってその人を自分専用のチャットルームに招待できます。

メインロビーや日本語

チャットでできること
選んだ相手
(に)(を)(の)
機能
Private Text その人にのみ見えるメッセージを出す 不特定多数のチャット参加者の中で選んだ一人にだけにしか見えないメッセージを出せます。
他の人には見られたくない内緒話をしたい時に便利です。
View Profile プロフィールを見る 相手が公開しているプロフィールを見ることができます。
またプロフィール中のSend private messageで、その人にメールのようなプライベートメッセージを出すことができます。
Ignore User 無視する チャットルームからその人の発言を隠すことができます。
Stop Ignoringで解除できます。
Invite to my Chatroom 自分のチャットルームに招待する 自分のチャットルームに招待して、個人的にチャットすることができます。
Call Atention 注意音を出します
相手に対してアラーム音を出すことができます。
これは、ゲーム中に自分が倒れて助けて欲しい時に使用すると便利ですが、音がウルサイので注意しましょう。
相手にポップアップウィンドウが表示されてアラーム音が鳴り続けます。


OKボタンを押すかブラウザを閉じないと音は消えません。
相手がそのことを知らないとビックリするかもしれませんので注意してください。
上記の他に自分のチャットルームでできることもあります。これは、部屋主特権です。
Mute User 発言禁止にする 相手の発言を禁止します。(UnMute Userで解除できます)
Kick User キックする
相手をチャットルームから追い出します。
招待しなおすことができます。

チャットルームに複数の人がいる時で、個別に明示的にメッセージを出すことができます。
発言者のLogin名の@xxxxxx@部分をクリックすると、次のように相手のログイン名が挿入されます。


C今ゲームの部屋ができているか確認しましょう

チャットルームからGame Lobbiesに切り替えると、現在どんな部屋ができているか確認できます。


D選んだ相手にメールのようなプライベートメッセージを送信できます。


?


送った相手のPrivate Messageにメッセージが届きます。


OBSRVに登録し、OSRVの使い方がわかったら
今度は、アウトブレイクを遊ぶ環境を整えます。


遊ぶ方法は二つあります。

本物のPlayStation2を使うか


それとも

PCでPS2のエミュレータを使うかです。

どちらを使っても構いません。
二つにはそれぞれ長所と欠点があります。
二つの環境を整えて、場合によって使い分けるようにしてもいいのです。

どちらかにしないといけないわけではないです。

参考までにを見てみてください。