WIDE SCREEN化する方法


ULTIMATE MODE PACK には、アウトブレイクの画面を16:9のワイドスクリーンに対応させるお薦めパッチがあります。
これを使用すると、描画幅を16:9のワイドスクリーンに変えることができます。

アウトブレイクシリーズは、もともと6:4の画面です。
PlayStation2の機能および、PCSX2で6:4の画面を引き延ばして16:9の画面サイスにすることは可能ですが、画面が引き延ばされるだけなので、キャラクター自体が横に伸びてしまい、やや小太りなイメージになります。

このパッチを実行すると、画面が引き延ばされるのではなく、描写画面そのものが16:9の割合で広くなります。
ただし、正規のワイトスクリーン化(よくあるゲームのリメイク版でHDリマスター化された時に16:9にしたもの)ではないので、一部の画面に問題が生じるかもしれないとのことです。
なお、表示されるメッセージやアイテム欄などは、横に広がるイメージとなります。

このパッチは、日本語版に適用してください。
英語版にも適用したい場合は、まずは日本語版に適用した後、DeltaPacherで日本語版から英語版を作る必要があるそうです。

英語版を作り直す場合は、イメージにパッチを当てるを参照してください。

また、オリジナルのDISCイメージ(ワイドスクリーンバッチを実行する前)をBACK UPしておくことが必要です。(WIDE SCREENパッチを当てる際のツールの実行指定時に、BACK UPを残す指定ができます)

6:4の表示画面
ブラウン管TV時代の画面サイズのため描画範囲が狭い
今の時代には合わない
WIDE SCREENパッチなしの16:9画面表示
6:4画面を16:9に引き延ばしているため、
ケビンがやや太っていて不自然な感じがする。
WIDE SCREENバッチを適用した時の16:9画面表示
横の描画が広く表示されていることがわかります。
より自然な16:9の表示となっています。

WIDE SCREENパッチの適用方法

展開したULTIMATE MODE PACK v.1.04のフォルダから次のファイルを使います。

フォルダ
ファイル
概要
@ TOOLS\PS2 Patch Engine PS2 Patch Engine.exe パッチを適用するための実行ファイル
A MODIFICATIONS\CUSTOM\WIDESCREEN\FILE 1 FILE 1 WIDESCREEN.pnach FILE1のWIDE SCREENパッチファイル
B MODIFICATIONS\CUSTOM\WIDESCREEN\FILE 2 FILE 2 WIDESCREEN.pnach FILE2のWIDE SCREENパッチファイル

PS2 Patch Engine.exeを起動します。



起動したらBrouseボタンで、イメージにパッチを当てるで作成したアウトブレイクのISOファイルを指定します。
ファイル名例
オリジナル版
BACK UPとして残します
ONLINEはできません
日本語版
ONLINEができます
英語版
ONLINEができます
お好みで使いましょう
FILE1
 OBFILE1_ORG.ISO   OBFILE1_JAP.ISO   OBFILE1_ENG.ISO 
FILE2
 OBFILE2_ORG.ISO   OBFILE2_JAP.ISO   OBFILE2_ENG.ISO 

まずは、日本語版のISOファイルにこのWIDE SCREENパッチを当てます。
下図は、FILE1の例です。




ISOファイルを選択した後、WIDE SCREENパッチファイル(FILE 1 WIDESCREEN.pnach)をDRAG&DROPで指定します。


Punch ボタンを押すと子ウィンドウが表示されます。

全てのCHECK BOXをONします。


OKボタンを押すと、出力ファイル名の指定ができます。

出力ファイル名をNORMALと区別がつくように例えば、下記のように名前を変えるといいです。
ファイル名例
日本語版
ONLINEができます
WIDE SCREEN対応版
FILE1
 OBFILE1_JAP.ISO   OBFILE1_JAP_WIDE.ISO 
FILE2
 OBFILE2_JAP.ISO   OBFILE2_JAP_WIDE.ISO 

保存ボタンで処理が実行されます。しばらく待ちます。
インジケータのウィンドウが消えれば処理完了です。


WIDE SCREENでプレイしてみて不都合があれば、NORMAL SIZE版を使えば良いと思います。
とりあえずサンプル動画です。


様々な場所に移動したり戦闘したりしてみましたが、特に問題はなさそうです。
本当に一部ですが、本来見えないはずの画面の端が、データとしてないためちょっと変な場所があったりしますが、ほぼ気にならないと思います。
WIDE SCRZEENパッチはお薦めです。